ピーリング化粧品の種類

ピーリング用化粧品と一口に言っても、その種類はいろいろあり、たとえばAHAピーリング、サリチル酸ピーリング、サリチル酸マクロゴールピーリング、TCAピーリングなどといったものがあります。自宅でもできるピーリングの化粧品というと、日本では最も定評を得ているグリコール酸(フルーツ酸)によるケミカルピーリングがあげられます。

ピーリングの効果は、日本人や韓国人、中国人などの黄色人種の人が持つ肌質に対して、大きすぎる場合があり、そのためにお肌にシミができてしまうときがあります。そのため、日本人には強いピーリングはあまり適さないと言われています。

ピーリングには、化粧品によるお肌の整え方の他に、施術としてのピーリングがあり、これはグリコール酸(フルーツ酸)を使用して行われています。これで黄色人種の肌のタイプには強くききすぎるピーリングも安全で、なおかつ効果的に働くようです。さらに、リチル酸はピーリングに効果のあるもうひとつの成分ですが、これは有機化合物の一つで医薬品としては初めて合成されたものなのです。

以前グリコール酸によるピーリングではあまり肌を整えることがなかった人、またニキビの跡が特にひどい人や小ジワが多い人には、このリチル酸を使ったピーリングは効果を発揮するでしょう。

ピーリングで使われるリチル酸は、エタノールに解かしてから用いられています。炎症や副作用が発見され、安全性には疑いが持たれております。施術を簡単に受けるのは難しいと言われています。色素の多い日本人の場合には、低濃度のフルーツ酸を何回か重ねて塗布するケミカルピーリングの方法が最も適しています。

ピーリングジェルの使い方

ピーリングジェルは、夜のスキンケアの際に使用するのがベターです。ピーリングジェルは使い始めの時は毎日か1日〜3日おきに使用し、ある程度溜まった角質が落ち、肌を触ってみて変化が現れたら、数日おきに使用するのが良いでしょう。

このピーリングジェルでていねいに顔を洗った後は、やさしく水分をふき取りましょう。ピーリングジェルで洗う方法は、まずジェルを10円玉くらいの大きさにして手の平に乗せ、顔の特に気になる部分につけ、そこをそっと指でなぞるような感じで徐々に顔全体へと伸ばしていきます。

そうすると毛穴の奥に残った皮脂や化粧汚れなど、古い角質になったものが自然に浮き上がりだします。強くゴシゴシこするような洗い方は、逆に肌を傷めてしまう心配がありますので、避けるようにしてください。おしまいに、ピーリングジェルで浮き出たよごれや肌の角質を、ぬるま湯または真水で洗い流し、ジェルが残らないようにていねいにきれいに落としましょう。

そのあとタオルで拭くとき、ゴシゴシとふき取るのではなく、肌をいたわるようにしながら水分を押さえて拭くようにしましょう。ピーリング後はたっぷりの化粧水で水分を補充して、乳液やクリームで充分に保湿しましょう。ピーリング石鹸はジェルタイプのものと違い、使ったとき少しピリピリする場合があるので、いきなり全体に使って肌に負担をかけないように、まずは、あごだけ、おでこだけ、などと皮膚の丈夫なところを使ってテストするようにしてください。

ピーリング石鹸は泡をしっかり作り、泡で肌の一部をなでるような洗い方をし、それに慣れてきたらだんだん範囲をひろげ、顔全体へと広げて洗うようにしましょう。角質が気になるところや、小鼻の周りなどは指を使ってマッサージした後、2〜3分くらい放置してから洗い流します。

ピーリングとは?

ピ−リングは、有機酸やレーザー、微粒子などを使って肌に残っている古い角質を取り除き、肌の新陳代謝を促し肌本来の自然な美しさを取り戻すための技術です。にきび痕の治療や肌の若返りのためにピーリングは女性の間でブームを続けています。

さて、ピーリングには、皮膚を滑らかにしたりアンチエイジング効果にみられる肌の若返りも期待できます。またシワやシミ、毛穴の黒ずみの改善、にきび痕の傷ついた皮膚などにきび治療にも有効で、利用されるのも幅広い範囲に渡ります。

保湿効果を高めたり肌を美しく整えるなどの美容目的のみにピーリングを行っているのがエステサロンの特徴です。また、美容目的に加えて、にきびやにきび痕、シミやそばかす、そして色素沈着などの皮膚疾患の治療や改善を目的としてピーリングが行われているのが皮膚科や美容外科などの医療機関です。

ピーリングは肌をきれいにするものですが、たまに副作用が出るケースもあります。症状として挙げられるのが、にきびの悪化、肌荒れ、顔の赤みなどです。これらの症状が現れた場合は、早めに施術を受けた医療機関やエステサロンで相談をされることが大切ですが、施術前に十分にピーリングを理解しておくことも重要ですね。

ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングとは、主に酸などを皮膚に塗り皮膚を科学的に剥がすことにより、角質、表皮、真皮を溶かして新しい皮膚再生を促すことでより美しい健康な皮膚を取り戻す技術です。使う酸(薬液)などの種類によりさまざまなケミカルピーリングが存在します。ピーリング用の石鹸などもありそれらを使えば家庭でも簡単にピーリングを行うことが出来ます。

市販されているケミカルピーリング液には比較的刺激の少ないものが多く使われています。ですからニキビや浅いシミ対策として安心して肌に使うことが出来ます。AHAと呼ばれているピーリング液の主なものにはグリコール酸や乳酸、さらにはフルーツ酸などがあります。ピーリング剤は美白成分と一緒に使うと相乗効果として美白成分をより効果的に肌に浸透させる働きがあります。

皮膚を今よりも若返らせるというところにケミカルピーリングの長所があります。ケミカルピーリングを行うことで効果があるとされているものには、ニキビ、シミ、シワ、たるみなどが挙げられます。毛穴の詰まりや汚れも取り去ってくれるので顔色も明るくなります。技術自体も難しいものではなく酸を皮膚に塗るだけの簡単なものです。

ケミカルピーリングに関してまとめるならば、皮膚のトラブルを改善するのに簡単な方法で行うことが出来る親しみやすい美容技術であるという事でしょう。皮膚のたるみやシワなどを本格的に改善しようとすれば専門の皮膚科でケミカルピーリングを行うことになりますが、ニキビや浅いシミに関しては家庭でも手軽に行うことが出来ます。日頃から皮膚のトラブルには敏感な女性の間ではこれからもケミカルピーリングは深く浸透していくのでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。